FC2ブログ

9月の言葉


 今月の言葉は

『月かげの いたらぬさとは なけれども ながむる人の 心にぞすむ』 法然上人

です。


 この歌は、浄土宗の宗祖である法然上人の作で、浄土宗の宗歌です。



「阿弥陀様のすべての人を漏らさず救うというお誓い(本願)は、

 月の光のように誰にもどんな里にも平等にふり注いでいます。

 しかし眺めた人にしか月の光の存在が分からないように、

 南無阿弥陀仏と念仏を称えた人だけが阿弥陀様の本願によって
 
 極楽浄土に生まれること(往生)ができるのです。」


私達にすでに照らされている阿弥陀様の慈悲の御光に気付いて

お念仏をお称えしましょう。ということです。


 今月は中秋の名月があります。(9月19日です!)

忙しい日常から少し離れ、お月様をじっくり見つめて

思いにふけるのもいいですね。




スポンサーサイト



[ 2013/09/02 07:00 ] 今月の言葉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する