FC2ブログ

1月の言葉

さて本年最初の言葉です。

 「はきものをそろえると 心もそろう
  心がそろうと はきものもそろう
  ぬぐときにそろえて おくと
  はくときに心がみだれない
  だれかがみだして おいたら
  だまってそろえて おいてあげよう
  そうすればきっと
  世界中の人の心も そろうでしょう」
               笠信暁(りゅうしんぎょう)
です。



明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

心の乱れは少し油断しただけで
ちょっとしたことから起こります。
そしてそれを直すのは難しいのです。

靴をそろえることを
一つのきっかけにして
自分の心の乱れを正していきたいですね。

また、他の人の心の乱れにも
寛容になれたら余裕が生まれますね。

新しい年を迎えるとき
お寺では修正会(しゅしょうえ)を行います。
一年間で曲がってしまった心を
修正しましょうという意味があります。

心が真っ直ぐになれるような
新しい年のスタートをきりましょう!
スポンサーサイト



[ 2020/01/01 11:34 ] 今月の言葉 | TB(0) | CM(0)

12月の言葉


 今月の言葉は

 「慢心は 智恵の 行き止まり」

です。


12月となりました。
早いもので今年最後の月となりました。


「自慢は智恵の行き止まり」という
ことわざがありますが、自慢が慢心と
変わっております。

慢心とは怖いもので
自分の進歩を止めてしまいます。
進歩を止めるだけならまだいいのですが、
人生を悪い方向へと
向かわせてしまうものでもあります。

なぜ慢心は起こるのでしょうか。
それは「慣れ」や「自己顕示欲」などが
あるからでしょう。

それらは全て煩悩です。
だから、無くすことは
難しいでしょう。

「慢心を起こしてしまう自分がいる」
と理解して、
「なるべく起こすことはやめよう」
と注意を向けることが
よいのではないでしょうか。

12月は一年で一番交通事故が
起こる月だそうです。
慢心を抑えて無事に
新しい年を迎えましょう!


[ 2019/12/01 06:52 ] 今月の言葉 | TB(0) | CM(0)

11月の言葉


 今月の言葉は

 「青色青光(しょうしきしょうこう) 黄色黄光(おうしきおうこう) 
  赤色赤光(しゃくしきしゃっこう) 白色白光(びゃくしきびゃっこう)」
                        仏説『阿弥陀経』より
です。


11月となりました。
季節の変わり目ですので
体調に気をつけて過ごしましょう。


今月は、浄土三部経の一つである
『阿弥陀経』の一節で、
阿弥陀仏の浄土(極楽浄土)の様子を
表す中でそこに咲く花のありさまを
語られた言葉です。

それぞれの色はそれぞれの光を放っている。
それだけ聞くと「そんなの当たり前だ。」
と思うかもしれません。

しかし、娑婆世界で生きている私達は
煩悩にまみれているがために
それがなかなかできません。

お念仏をお称えし、人としての命を
終えると極楽浄土に往生いたします。

亡き方達は極楽浄土にいて
それぞれがその人なりに
その人の色100パーセントで
輝いているのです。

この世にいる私達も
極楽浄土と同じように
自分なりの色で輝き、
また違う色で輝いている人を認める。
そんな世の中になるとうれしいですね。


[ 2019/11/01 09:17 ] 今月の言葉 | TB(0) | CM(0)

10月の言葉

今月の言葉は

 「自分を励ます言葉を持っている人は
  他人を励ますこともできる」
             小田文佑 
 です。


10月となりました。
季節的には秋になり
その気配を感じつつも
まだまだ蒸し暑いですね。


人は生きていると
うまくいかないことや
調子が悪いときがあります。

その時に自分をどういう言葉で
奮い立たせるか。

自分を励ます言葉を持っていると
他の人が苦しんでいるときに
嘘偽りのない本音の言葉で
励ますことができるのですね。

ちなみによく失敗をする私は自分に
「失敗は成功の糧
 成功を省みると
 そこには必ず失敗がある」
と励ましております。


[ 2019/10/01 05:58 ] 今月の言葉 | TB(0) | CM(0)

9月の言葉


今月の言葉は

 「苦しみの一つは 相手に求めるから
  相手も同じように わかってほしいのかもしれない
  与える側に立つと 理解して欲しい苦しみから
  抜け出せる」
    大久保寛司 『考えてみる』内「求めない」より抜粋 

です。

9月となりました。
まだまだ厳しい残暑が続きます。
油断せずに体調管理をしていきましょう。


誰かに対して
「こんなにあなたを助けているのに」
「こんなに努力しているのに」
「それなのにあなたは…」
と、苦しくなってしまったことはありませんか。

仏教で苦しみは「ドゥフカ」といい
「思い通りにならないこと」という意味です。

自分の思い通りに
相手を変えようとするから
苦しいのです。

そこで、布施の登場です。
布施とは見返りを求めずに
相手のためにする行為をいいます。

つまり相手が変わろうが
変わらなかろうが関係ありません。

言うは易しですが
抜け出せる方法がある
ということを知っているだけで
違うかもしれませんね。
[ 2019/09/01 06:00 ] 今月の言葉 | TB(0) | CM(0)